ドレスショップがない

2022年は36年に一度やってくる【五黄の寅年】の1年

「五黄の寅(ごおうのとら)」とは、占いの九星気学で最強の運勢と言われる「五黄土星」と、十二支の中で最も運勢が強いと言われる「寅年」が重なった生まれの人は非常に強い運勢を持っていると言われこの年の年男、年女は強運の持ち主だそうです。


年男、年女でなはないひとでも、寅年は「新しくスタートする」「何かに向けて動き出す」のに最高の年であるようです。

年末から新型コロナウィルスの暗いニュースが続きますが、突然明るい話題が多い年に変わっていくことを期待したいですね。



2021年10月ごろからクリスマスコンサートや年明けのコンサート、卒業演奏会等にむけてドレスのご相談を沢山のお客様よりいただく機会がありました。

ここ福岡でもコロナの影響で使われるシーンが限定されるフォーマルドレスやオケージョンドレスなどの商品のお店が残念ながら、縮小や閉店になるところが増えてきて、お客様もドレス選びに困っておられるようです。


先日、広島よりお越しいただいたお客様からの情報で「広島にあったドレスのお店がなくなったので福岡に来ました」とお聞きし、都会の広島でもドレス選びに困る状況になったんだと驚きました。



演奏会用のドレスはフォーマルドレスでもあり、演奏楽器によって丈の長短や装飾など気を使わなければならない箇所があったりして「デザインにこだわる」部分が大変多いドレスだと思っています。


既製品はコストを抑えつつ量産しますので、同じようなデザイン、生地感が溢れることもしばしばです。また、既製品をお直しすると全体のバランスが変わってしまう場合もあるので、注意が必要です。


モンエトワールでは、既製品も一部取り扱っておりますが、既製品の販売を通していろんな演奏家のお声を聴いて既製品では対応できないと部分もあるのでは?と思うようになりました。手に入りやすいオーダードレスをコンセプトにお客様一人ひとりのご希望のデザイン、生地、体型、演奏時のことを考えたドレスをお作りしております。

ドレスの*納期は1か月半~2か月は猶予をいただくようにはなりますが、長く着ていただける愛着の沸くドレスが完成いたします。

ドレスの小物の製作や着用アレンジなどご相談も可能です。

*新型コロナの蔓延状況により納期がずれ込む場合もありますので予めご了承ください


オーダーのご相談はご来店、LINEのビデオ通話、メールにて承っております。

詳しくはこちらへ




 





閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示